これで確定申告だって怖くない!

利用方法は難しくない

確定申告は個人で商売を行っている者や法人が一年間の経営状態から算出された税金を確定させ、納付するために行うものです。確定申告を行うためには日々の取引を記録する必要があり、その積み重ねによって最終的な損益が決まることになります。
ですから、個人や法人に関係なく、取引の記録は欠かさずに行わなければなりません。取引を記録する際の方法は色々あります。たとえば、帳簿に手書きで記入する方法があります。しかし、この方法は記入や修正に時間がかかってしまいます。
そこで、近年では会計ソフトの利用が普及しています。会計ソフトは専門的な知識はなかったとしても取引を記録できます。使用上のルールはホームページ上で確認できるため、困った時は調べる状態です。

書類の作成まで実施可能

確定申告を行う際は売上や費用、利益などを掲載した書類を作成しなければなりません。書類を作成するためには日々の取引をしっかりと記録しておく必要があるため、内容を間違えないように慎重な記録作業が求められます。
会計ソフトに内容を記録してしまえば、確定申告時に提出する書類の作成が可能となります。そのため、提出用の書類を後に手書きで作成する必要はありません。これは、時間的な手間を省ける魅力的な機能と言えます。
また、会計ソフトは有料版がある一方で無料版も存在しています。有料版に比べると無料版は利用可能な機能に制限が設けられています。取引の件数が多い場合は有料版を使用し、少ない場合は無料版の利用をお勧めします。