自営業者に人気の会計ソフトは一体どれ?

サポートや事業拡大に利用しやすい製品版会計ソフト

店舗で販売されているタイプの会計ソフトは、税理士の監修をもとに開発をしてきた歴史が長いため、経理事務に馴染みがない自営業者でもできるように、電話やメールでのサポート体制が整っています。取りかかる際の設定も、会社の業種別にテンプレートが用意されているため、業種独自の勘定科目の設定もしやすいですし、仕事を始める当初の期首残高の入力もしやすくなっているものもありますよ。
最初は、事業規模が大きくなってくると、顧問税理士と契約をして、経営相談や税金について相談することもあるでしょう。製品版の会計ソフトであれば、会計事務所で利用している会計ソフトと親和性があることが多く、利用しているソフトで入力した経理データの受け渡しもしやすくなるメリットもあります。また、給与ソフトや仕入、売上管理ソフトと統合できるタイプのソフトも充実していますので、事務の一括管理も非常に楽になり、無駄のない使い方ができるでしょう。将来は会社組織にしたいとか、業務を拡張したい希望があるのなら、最初から製品版を選ぶのもいいですね。

設備投資の資金を節約できるクラウド型会計ソフト

ソフトの開発会社のサイトにアクセスするだけで使えるクラウド型会計ソフトは、インターネットで通信できる状態であれば、いつでも利用できます。パソコンの性能が特に高くなくても、ブラウザが対応しているだけでいいですし、パソコンがない場合は、手持ちのスマートフォンからでも使うことができるので、パソコンの操作に慣れていない方でも使いやすいでしょう。料金は、毎月システム手数料を支払うことになりますが、数百円から千円程度で済む場合がありますし、機能の制限がありますが、無料で利用できるソフトもあります。
税制に関する法律が変わった場合や、会計年度の途中で通達があった場合も、自分で更新することなく、メーカー側でしてもらえます。会計ソフトによっては、レシートの写真を撮ってスキャンするだけで、経費入力できるものもあれば、会計ソフトのメーカーと提携していれば、銀行口座取引や電子マネーやクレジットカードの利用履歴からデータを流用し、会計ソフトに入力できる機能が備わっているものもあります。極力入力の手間がかからないように配慮されているソフトもありますので、本業に力を注ぎたい経営者の方に人気があると見られています。