税理士に頼らず会計ソフトはどこまで信用できるの?

信用性は高い会計ソフト

経理の効率化を行うために会計ソフトを利用する動きが強まっていますが、その信用性が気にかかって諦めてしまう人もいるのは確かです。多少費用がかかっても税理士に依頼してしまった方が良いと考える人も多いものの、現実はどのようになっているのかは理解しておいた方が良いでしょう。
会計ソフトを利用しても税理士に依頼するように全てを委ねられるわけではありません。しかし、税制に合わせて速やかなバージョンアップが行われているため、最新の会計ソフトを利用していれば誤ることはまずないでしょう。自動による帳簿や確定申告書類の作成の精度も高く、基本的には簡単なチェックを行うだけでそのまま利用できる程度に信頼性があるのが現状です。

電子化された税理士を目指す傾向

税理士に依頼するのに比べて劣っているのはデータ入力を自分で行わなければならない点と、対応していない細かな節税の努力が行えない点が挙げられます。しかし、会計ソフト市場は競争が激しくなっているため、電子化された税理士として会計ソフトを利用してもらえるように開発が勧められてきているのも事実です。
入力についても領収書を直接読み込ませたり、銀行口座やクレジットカードとの連携を行って自動入力を実現したりできるようになりました。節税の可能性についても提案できる機能の付いた会計ソフトが登場してきています。柔軟性という点で人の能力にはまだ劣る面があるのは事実ですが、将来展望が高く、いずれは税理士以上の正確さを持つソフトとなる可能性を秘めているのです。